海外旅行のヒント

海外旅行に変圧器・変換プラグは必要?各国事情とおすすめ製品について

こんにちは!ゆいです。

海外旅行の際に事前に確認して持っていきたいのが、変圧器とコンセントプラグアダプターです。

日本で何気無く使っている電化製品も、海外に行けば電圧とコンセントの形状の違いで使えないなんてことも…。

海外旅行に行ってから気づいては遅いため、日本にいるうちから準備しておきましょう!

知っておきたいコンセントプラグ事情

各国の電圧とコンセントプラグ

日本国内の電圧は100V、プラグはAタイプですが、海外では国によって電圧の数値もコンセントプラグの形状も全く異なります。

電圧の違いは電化製品の故障の元になりますし、プラグが違えばコンセントの利用ができませんので、海外に行く際は出発前に必ず現地の電圧とコンセントプラグの形状を確認しましょう。

下記に観光地として人気な国々を一覧に纏めましたので、ご参考にしていただければと思います。

国名 電圧 プラグ
アメリカ 120V A
カナダ 120V/250V A
フランス 220V C/SE
スペイン 230V C/
ドイツ 230V C/SE
イタリア 125V/220V C
スイス 230V C
ロシア 220V C
オーストラリア 240V/250V O
韓国 110V/220V A/C/SE
中国 220V B/C/O
シンガポール 230V B3/BF

(参考:地球の歩き方公式HPより)

近年は全世界対応電化製品が人気

最近では全世界対応の電化製品が増えてきました。特にドライヤーは日本国内・海外兼用のものが増えています。

変圧器もプラグも持参する必要がなければ荷物も減りますし、海外によく行く方は、次のドライヤー買い替え時に国内外併用できるものを選んでみてはいかがでしょうか。

あとはスマートフォンやデジタルカメラ、ノートパソコンを海外に持って行く人も多いですよね。

変圧器が必要かはご自身でご確認いただきたいのですが、例えばiPhoneやMacBookの場合、コンセントの面に100-240V〜と書いてあるので、変圧器は必要ないことが分かります。

現地のコンセントプラグさえ持って行けばそのまま充電可能です。

海外旅行におすすめの持ち物

コンセントプラグアダプターは必須

変圧器が不要で、プラグのみ必要な場合は、無印良品の変換プラグアダプターが全世界に対応していますのでとてもおすすめです。

専用の巾着にプラグの組み立て方が載っており、これ1台で全世界のプラグをカバーできる優れものです。

f:id:travel-diary:20190207223446j:plain

(引用:無印良品公式HPより)

変圧器も必要な場合のおすすめ

プラグだけではなく、変圧器も必要な場合にはこちら↓がおすすめです。

変圧器と変換プラグが付いている他、電源タップ・USB充電器も付いていますので、一度に充電できてしまう万能な製品です!

荷物をコンパクトにまとめたいとき、一つで二役を担ってくれるのは有り難いですね。

 

以上、おすすめでした!

海外旅行の準備の際、意外と盲点になってしまう電圧とプラグの問題。前日になって焦らないよう、しっかりと準備しておきましょう。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です